葉酸サプリの摂取が厚労省で推奨されている理由は?

葉酸は食事からの摂取ではダメなの?

葉酸は食事からの摂取ではダメなの?

妊活中で、葉酸サプリが良いと言われていますが、サプリを飲むことに抵抗を感じてしまいます。食事からの摂取ではダメなのでしょうか?

妊活中の葉酸サプリの摂取は、妊娠に気づく前のごく初期の段階で、赤ちゃんに先天性の異常が起こるのを防ぐために必要であると言われています。そして、この異常を防ぐために必要な葉酸の量は、1日あたり400μgと言われています。葉酸サプリであれば、1日分の摂取目安量で、大体この量を補えるようになっていますね。

 

ですが、これを食事から摂取するのは大変難しいのが現実です。例えば葉酸が豊富なことで知られるほうれん草なら、300gを摂取しないと、この量には達しません。しかもデリケートな葉酸は、加熱や酸化により損なわれてしまいますし、水溶性で体に溜めておくことができないため、毎日大量の食品から摂取し続けなければならないことになります。

 

これが難しいということから、厚労省からも葉酸サプリの摂取が推奨されているのです。

安全性にこだわった安心なサプリを選んで、将来授かる赤ちゃんのために取り入れてみてください。

 

安心して摂取できる葉酸サプリを選ぶ際のコツ

葉酸サプリを選ぶ際には、「安全性」「安心感」といったポイントには特にこだわりたいですよね。特に妊娠中などデリケートな時期には、口にするものにも迷ってしまう方が多いでしょう。そこで、そんな時でも安心して取り入れられる葉酸サプリ選びのコツを覚えておきましょう。

 

配合してある成分へのこだわり

まず、安全性の高い葉酸サプリを選ぶ際には、「配合してある成分へのこだわり」をしっかりチェックします。

 

  • 原料は安全なものか?
  • 放射能検査や残留農薬検査は行われているか?
  • 本当に効果が実証されたものか?

 

こういった点を確認しておきましょう。例えば葉酸の種類や、配合してある野菜の産地なども分かれば、より安心感が高まりますよね。

 

安全性が確立された葉酸サプリなら、「食事の延長」という感覚で気軽に取り入れていくことができますね。

 

配合しない成分へのこだわり

配合してある成分も大切ではありますが、中には「あえて配合しない」という成分もありますよね。そういった点も、しっかりチェックしてみましょう。

 

  • 不要な添加物・・・香料や着色料など
  • 鉄分やカルシウム・・・過剰にならないよう工夫があるか?

 

いくら良い成分が配合されていても、添加物たっぷりの葉酸サプリは、不安が大きいですよね。赤ちゃんに悪影響があるのではないか、と心配してしまうママも多いでしょう。省ける添加物は、極力省いているものがベストですね。

 

それから、鉄分やカルシウムは妊娠中に特に重要な栄養素ですので、配合してある葉酸サプリもたくさんあります。ですが、これらの栄養素は過剰摂取になると悪影響になる可能性もあるため、配合量に配慮のあるものを選ぶようにしましょう。

 

製造工程へのこだわり

せっかく原料の安全性にこだわっていても、製造工程で異物が混入してしまうようなものは困りますよね。製造工程、製造工場などにもこだわった葉酸サプリを選ぶことも大切なポイントです。

 

  • 日本国内の製造工場
  • 衛生管理や検査の徹底
  • GMP準拠工場での製造

 

といったものは安心感が大きいですよね。

 

製造工程や工場などにもこだわった葉酸サプリは、公式サイトでも、そういった情報を公開してあります。自信があるからこそ公開されている、これらの情報も要チェックですね!