葉酸サプリは保管・保存場所にも気をつけよう!

保管・保存場所にも注意して!

葉酸サプリを購入すれば、だいたいボトル1本で1ケ月分となっています。つまり開封後も1ケ月程度、保存することになりますので、保管・保存の場所や環境にも注意し、安全で新鮮な状態を維持することが大切です。

 

保管・保存場所にも注意して!

高温多湿は避けよう!

葉酸サプリに限らず、どんなサプリでもそうですが、こういった「余計な水分を飛ばすことで日持ちするように作られている製品」は、高温多湿の環境が苦手です。

 

  • 直射日光が当たる場所
  • 湿度が高い場所
  • 温度が上がる場所

 

こういった場所での保管は避け、できるだけ涼しく風通しの良い日陰で保存するようにしましょう。日光・温度・湿度は製品の質を劣化させる大きな原因になります。せっかく安全性の高い葉酸サプリを選んでも、保存しているうちに劣化してしまえば無意味ですね。

 

容器のフタもきっちり閉めて!

葉酸サプリの容器にも様々なタイプがありますよね。

 

  • ボトルタイプ
  • チャック付きの袋

 

これらの容器に共通しているのは、「フタがしやすい」という点です。どちらも密閉して保存できるように、ボトルならクルクルとしっかり閉めることができますし、チャックならチャックをしっかり閉めることで密閉ができます。

 

葉酸サプリは空気に触れることで酸化したり、空気中の水分などが入って中身が湿気てしまうこともあり、これらも品質を劣化させる原因になります。これを防ぐためにも、しっかりフタを閉めて保存することが大切です。

 

もし元々の容器からサプリケースなどに移す場合は、1日~2日分程度にして、全て出してしまわないようにしてください。乾燥材が入っていないケースに移し替えれ長期保存すると、劣化してしまう恐れがあります。

 

子供の手が届かないところに!

保管場所でもう1つ、注意しなければならないのが、「子供の手の届かないところに置くこと」です。小さな子供がいる家庭では特に注意してください。

 

子供は、母親が口にしているものを見ると、興味を持ち、真似して飲もうとしてしまうことがあります。葉酸サプリは大人が飲めば嬉しい効果が期待できるものではありますが、小さな子供が飲むことを想定して作られたものではありません。そのため、体に悪影響が出る恐れも無いとは言い切れないのです。

 

また、子供が誤飲する時は、目安量など考えずに大量摂取してしまうこともあります。葉酸の過剰摂取は、大人にとっても体に悪影響が出てくる恐れがありますよね。そんな葉酸を小さな子供が過剰摂取してしまうと、悪影響が出てくる可能性も低くはありません。

 

妊婦さんが葉酸サプリを取り入れる場合には、高いところには保管しにくいかもしれません。ですが、「せめて小さな子供の手が届かない範囲」ということに十分に配慮し、保管しておきましょう。

関連ページ

食生活にも気を付けよう!
葉酸サプリの中には、鉄分やビタミン、ミネラルなど魅力的な栄養素がたっぷり配合されているものもありますよね。そんな葉酸サプリを飲んでいると、「食事は適当でも良いのでは?」なんて勘違いしてしまいそうになるかもしれません。ですが、やっぱり毎日の食事は健康の要ですから、葉酸サプリだけに頼らず、食生活にも十分に気を付けていきましょう。
体調がよくない時には医師とよく相談して!
葉酸サプリは基本的に、食品にも含まれる栄養素を配合してあるサプリですので、体に悪影響を及ぼすリスクは低いと言えます。ですが、もし体調がよくない、薬を飲まなければならないというような状態になった時には、自己判断はせず、葉酸サプリを飲んでも大丈夫かどうか、医師によく相談してみてください。
葉酸サプリの効果を活かすためにも飲み物に注意を!
せっかく葉酸サプリを摂取するなら、含まれる栄養素をできるだけ効率よく活かしたいですよね。そのためには、日頃の飲み物にも注意していくことが必要です。特に嗜好品と言われる飲み物を飲みすぎると、せっかくの葉酸サプリの効果が実感しにくくなってしまう恐れがあるので要注意なのです。